ジュニアブラ妄想レビュー

【Aカップ】貧乳のJC1の下着画像8枚 | 女子中学生のブラ・パンツ

投稿日:

バストが成長途上のAカップ、JC1の下着を紹介します。

関連記事:【参考画像アリ】JCのおっぱいの特徴を経験者が語る

制服・下着

中学校に入学して初めての夏を迎えた少女。最近バストの成長が著しく、小学校時代から着用していたハーフトップブラを卒業(といっても、まだ週に2日はハーフトップブラを着ける)し、カップが付いたジュニアブラを使い始めた。周りではまだ半数近くの同級生がスポブラやハーフトップブラを着用しており、彼女は成長がやや早いようだ。

彼女がジュニアブラを付け始めた理由は、バストの成長だけでない。最近付き合い始めた同い年で野球部の彼氏の存在も意識しているようだ。

彼とのデートは彼の自宅ですることが多い。学校帰り、制服姿のまま家族が不在の彼の自宅に行き、5時頃まで彼の部屋で一緒に勉強をしたり、他愛の無い話をして過ごす。

初めてのキスも彼の家だった。2人でいつものように楽しく談笑しているタイミングで、ふと訪れたタイミング。見つめ合う2人。そして中1の2人はお互いのファーストキスを奪い合った。キスといっても舌と舌を絡ませ合うのはそれから1ヶ月先のことで、唇と唇とが触れ合うフレンチ・キスだった。中1女子のキス経験率は17%というから、彼女は大人しい見た目によらず進んでいると言える。

関連記事:【参考画像アリ】中学生カップルのリアルな恋愛事情 | キス、セックス経験率は?

付き合って4ヶ月、彼との自宅デートでするキスの時間が長くなってきた頃に、少女は生まれて初めて彼にバストを揉まれた。制服の上からだったが、彼の突然の行動に驚きつつも、わずかに性的快感を覚えたようだ。AAカップからAカップに成長したばかりのバストはまだ固い。

その日、帰宅してトイレに行くと、少女は自身の下着が自らの体液によって湿り気を帯びていることに気づいた。「ここに入るのかな・・ でもまだ中1だから早いよね」そう心の中で考えながら、少女は愛液がたっぷりと分泌された割れ目に指をなぞらせると、さっき彼に胸を揉まれた時と同じように性的快感を覚えたようだ。

私服・下着

週末、彼と水族館デートに向かう。家族で何度も来たことがある水族館に、大好きな彼と訪れるという体験に気恥ずかしさを感じるも、彼と手をつなぐと彼の手のひらの体温をしっかりと感じ取ることができ、うれしかった。

水族館に続いて、隣にそびえる観覧車へと乗り込む2人。彼らが住むエリアでは最も大きな観覧車は1周15分。その間は2人だけの世界だ。最初は向かい合って座る2人。ゴンドラが徐々に頂点へと差し掛かろうとするタイミングで、彼が少女の横に移動してきた。そのまま少女の手を取る彼。恥ずかしそうに目を逸らす少女。ゴンドラ内には景色の解説の自動音声だけが響く。

彼が少女の頬に手を当て、顔の向きを変えるとキスが始まった。キス自体はいつも自宅デートで行っているが、「外」でするのは初めてだ。最初は唇と唇とが触れ合う軽いキスから始まり、やがて舌と舌とが絡み合う。彼の手が少女の頬を離れ、わずかに膨らんだバストへと向かう。彼はキスの時はほぼ必ず、少女の膨らみを愛撫する。

成長途上の少女のバストはとてもデリケートだ。彼の少し乱暴な愛撫に痛みを感じないわけではないが、それと同時に彼への愛おしさと、性的な快感がこみ上げて痛みを覆い隠す。

体操着・下着

少女はテニス部に所属している。練習はいつも体操着だ。バストが大きくなっている同級生や先輩たちは、バストの揺れを抑えるスポーツブラを着用しているが、彼女はまだそれほどバストの揺れが気にならないようで、ジュニアブラのまま部活の練習にのぞんでいる。

本人は気にしていないバストの揺れだが、実際にAカップともなると走ると揺れる。同級生の男子たちは、横目でバストが描く無限の放物線を盗み見ているが、少女はまだそれに気づいていないようだ。

-ジュニアブラ妄想レビュー
-, ,

Copyright© ジュニアブラが好き。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.