ジュニアブラ妄想レビュー

【Fカップ】巨乳JC3の下着画像9枚 | 女子中学生のブラ・パンツ

投稿日:

F65とスレンダー巨乳なJC3の下着画像を、妄想レビューとともにお届けします。

制服・下着

学年一の巨乳と言われることが多いFカップの彩花。バストの成長は小5から始まったが、その後急激な成長を遂げ、中学に入る頃にはDカップ、そして中2でFカップに到達した。胸の膨らみはセーラー服の上からでもハッキリと分かる大きなものだが、下着屋さんの勧めで大人用ではなくまだジュニアブラを着用している。バストの形が大人のそれとは異なるようだ。

小中高校生が着用するジュニアブラは、Fカップが最大サイズとなるものが多い。逆に言えば、Fカップのジュニアブラには需要があるということだ。Fカップのジュニアブラを着用している中学生、高校生あるいは小学生は多くは無いが決して珍しい存在ではない。彩花もその一人だ。

彩花は小動物のようなかわいらしい顔立ちをしており、小学校の頃から幾度と男子から告白を受けてきた。そんな彼女には現在、5歳年上の彼氏がいる。家庭教師として親が雇った、私大医学部2年生の青年だ。2人でこっそり連絡を取り合うようになり、やがて「授業中」に彩花から告白して付き合うことに。学校にいる「男子」とは異なり、洗練された大人の男性の魅力に彩花は引き込まれている。

付き合って2ヶ月経った頃、二人は初めて結ばれた。場所は先生が暮らす1LDKのマンション。彩花にとっては初めてのセックスだった。その日は「図書館に勉強してから帰る」と親に嘘を付いて、学校帰りに愛する彼氏が運転する高級外車に乗り込み、そして彼の家へと向かった。

家を訪れるのは初めてだったが、玄関のドアが閉まるや否や、「先生」は男になった。中学3年の幼い彩花の唇を乱暴にむさぼり、制服の上からバストを揉み、乱暴に愛撫した。そのまま2人でベッドに向かうと、彩花は着衣を脱がされ、下半身への愛撫を受けた。初めて味わう快楽に戸惑いつつも、彩花の下半身はシーツを濡らすほどの土砂降りだった。

「挿れるよ」

彼が家に入って初めて発した言葉から間もなく、ペニスが彩花の女性器へと侵入した。処女であったが痛みは無く、ペニスを打ち付けられる度に「あっ、あっ、、」と小さな喘ぎ声を彩花。上下に大きく揺れるFカップのまだ硬いバスト。そして彼は無言のままペニスを彩花の女性器から引き抜くと、彩花のお腹めがけて大量の精液を放った。コンドームは使っていない。彼は枕元に置かれたティッシュに手を伸ばすと、手慣れたようすで彩花のお腹から今にも垂れそうな白濁液を拭い取り、ゴミ箱に捨てると「一緒にお風呂入ろ」と彩花を誘う。これが彩花の初体験だ。

私服・下着

週末、彩花は「友達と遊んでくる」と親に嘘を付いて、彼のもとへ向かう。家の近くの公園に向かうと、彼の高級外車がハザードランプを点灯して停まっている。車に近づくと、彼が気がついた。自分でドアを開けて乗り込むと、車は静かに走り出した。

「今日はどこ行くの?」彩花が尋ねると、彼は「ひみつ。良いとこだよ。」とだけ答える彼。30分ほど走ると、車は左にウィンカーを出し、高級ホテルの地下駐車場へと滑り込んだ。「ここ高いんじゃない?」と戸惑いながら聞く彩花に「いいよいいよ。俺のカードで払うから」と言う彼。どうやら彼は高級ホテルの客室をデイユースで予約していたようだ。チェックインを済ませ、客室へ向かう道中、彩花は緊張しっぱなしだったが彼は迷わず歩を進める。もしかしたら、何度も利用しているのかもしれない。

客室に入ると、ビジネスホテルの数倍はある広い部屋の真ん中に大きなキングベッド。そして窓の外には都心の景色が一望できる。「わぁーすごい」感動の声を上げる彩花に、彼は「俺の奥さんになってくれたら、これくらい普通だよ」と答える彼にキュンとする彩花。そのまま彩花をベッドに押し倒すと、上にまたがりディープキスが始まる。

彩花は夢の中にいるような気分で、ディープキスに応じる。舌と舌とを激しく絡ませ合う。時おり、彼は自身の唾液を彩花の口に垂らしてくる。最初は嫌だったが、慣れてくると口内で感じる唾液の暖かさが快楽へと変わる。

ディープキスをやめ、彼は起き上がると全裸になった。そのまま彩花を起こし、着衣を少々乱暴に脱がして彩花を全裸にする。細身の体に大きなバスト、とても中学生の体には見えないがバストは重力に逆らっており、乳首は水平よりも上を向いている。再びベッドに押し倒されると、バストや女性器への執拗な愛撫が始まる。

しばらく彩花への愛撫を続けた彼は「しゃぶって」と言うと今度は自らがベッドに寝転ぶ。彩花は何も言わず、彼の脚と脚の間に入り、彼の勃起したペニスへと口を運ぶ。彼の男性器の先端からは透明の液体が分泌されており、それを舌で拭い、亀頭から愛撫を開始する。フェラは既に散々経験済みだ。しゃぶる時は「じゅぼじゅぼ」と音を出せ、といった彼からの指示に忠実に従ったフェラチオを進めていく15歳の少女。竿だけでなく玉の部分を舐めたり、吸ったりするのも忘れない。

「またがって」そう言うと彼は彩花の腕を引っ張る。今日のセックスは騎乗位からスタートするようだ。彼の上に移動し、ゴムを装着していないペニスを右手で持つと彩花はぬるぬるになった自身の女性器に先端を押し当て、一気に奥まで挿入。「……んううっ」と控えめな声を出す彩花。ペニスを子宮の入口に押し当て、しばらく快感を貪るとゆっくりとピストンを開始する。結合部からはピストンの度に「くちゃ くちゃ」という水音が聞こえる。「んんっ...はあぁっ....」と喘ぎ声が大きくなっていく彩花のバストを、彼は下から乱暴に揉む。下から見たFカップのバストはあまりにも大きい。

セックスの快感で頭が満たされてきた彩花に、彼は「窓際に立って」と言う。外から見えそうだよと反論するが「大丈夫」としか言わない彼に強引に窓際まで連れていかれ、窓枠に手を突かされると、背後から彼のペニスが挿入された。「やん やん 見えちゃう あんっ」と言う彩花に、「いいじゃん 見てもらよ」と答える彼。彩花のおまんこがキュッと締まる。見られて興奮するタイプのようだ。やがて彼は「イクぞ」と余裕の無い声を上げると、そのまま彩花の女性器の中に精液を放った。ペニスを一番奥に押し当て15秒ほど射精すると、彼はゆっくりとペニスを彩花から引き抜く。

ペニスを引き抜かれた彩花の膣口からは、彼の放った白濁液が腿を伝って垂れる。「はあっ、、はあっ」と大きく呼吸する彩花は、初めての中出しの感覚に頭がクラクラとした。射精された瞬間、子宮の入口に熱いものが掛かる感覚がわずかにあり、それが気持ちよかったようだ。中学3年にして中出しの気持ちよさを知ってしまった瞬間である。

2人はそのまま、部屋の大きなお風呂に入る。「中に出しても妊娠しないの?」と不安がる彩花に「へいきへいき。アフターピル持って来たから後で飲んで」と軽い感じに答える医学生の彼。続けて「今度からピル飲んでくれる?毎日飲めば妊娠しないから。カバンに入ってるから次の生理から飲み始めて」と言う彼の発言に少し悲しい気分になった彩花だったが、5歳年上で頭も良く、お金も持っている彼の言いなりになるしかない。

以後、彼女はセックスの度に彼の精液を膣で受け止めるようになった。彼とのデートを終えて帰宅した彼女のショーツには、いつも彼の精液がたっぷりと染みている。

体操着と下着

バストが大きい彩花にとって、体育の授業はあまりうれしくない。小学校時代は男子から「乳デカ」などとからかわれたのが尾を引いている。中学に入ってからは自分のバストに少し自身を持てるようになってきたが、走ると揺れるため運動自体が好きではない。

以前は生理が少し重く、体育を見学することもあったが「彼」から渡されたピルを飲み始めてからは生理が楽になった。中出しされるために飲まされたピルだったが、彩花自身もメリットを感じている。彼にそのことを話すと「でしょ。ホルモンバランスが●×~」と難しい話をしてくれたがよく理解出来なかった。

彩花はバストだけでなく中学生としてはお尻も大きいため、体操着のズボンの後ろ姿を見るとショーツのラインが浮いてしまっているが、本人はまだ気づいていない。「おっぱいだけでなくお尻もエロい」と男子の同級生たちの間ではしばしば話題になっている。

巨乳JCで抜けるおすすめ作品

関連記事:JCみたいな幼いバストで抜けるおすすめのAV作品5選

中学生みたいなおっぱいで抜けるおすすめの同人作品8選

-ジュニアブラ妄想レビュー
-, ,

Copyright© ジュニアブラが好き。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.