ジュニアブラ妄想レビュー

【Eカップ】巨乳JK1の下着画像11枚 | 女子高校生のブラ・パンツ

投稿日:

Eカップの巨乳JKの下着画像を妄想レビューとともにお届けします。

関連記事:【参考画像アリ】高校生カップルのリアルな恋愛事情 | キス、セックス経験率は?

制服・下着

公立高校に通う高校1年の彼女。高校入学を機にファミレスでバイトを始めた。初めてのバイト面接は緊張したが、誰からも愛される可愛らしい顔立ちでハキハキと受け答えしたせいか、難無く採用に。ホールスタッフとして勤務しているが、男性客から連絡先を渡されることもしばしばあり、すっかり店の「顔」になっている。150cmと小柄な体に、ファミレスの可愛らしい制服がよく似合っている。

そんな彼女だが、その店の店長である26歳の社員と交際している。彼女をバイトとして採用した張本人だ。ちなみに、飲食店の社員がバイトの女子高生や女子大生と交際する例は珍しくない。その店には、彼女と同じように幼い顔立ちで150cm前後の身長の女子大生、女子高生のバイトが少なくないのは決して偶然ではない。

平日が休みになることが多い彼にあわせて、2人のデートは平日に行われることがほとんどだ。彼の休みといっても、高校に通う彼女は学校がある。15時過ぎ、制服を着たまま足早に向かうのは彼が住むマンション。長時間労働で疲れている彼を気遣って、デートは彼の自宅ですることが多い。

デートといっても、最近はもっぱらセックスしかしていない。16時前に彼の自宅に到着すると、夕方なのに寝起きのような彼と玄関でディープキス。その時点で既に彼女の女性器は十分に濡れている。そのまま玄関ドアに手をついて、制服姿で立ちバックで挿入される高校1年の少女。「ああんっ!ああんっ!ヤバい…あんっ!あんっっっ!イヤッ!あんっ!」平日夕方で住民の出入りが少ないとはいえ、外廊下を誰かが通ってしまえば確実に聞こえてしまうだろう。

ペニスを彼女の膣から引き抜くと「ベッドいこ」と、けだるそうに言う彼。ショーツを履き直し、黒のローファーを脱いで彼の後を追うと、彼は既にパジャマを脱ぎ始めている。熊のぬいぐるみが付いたまだ真新しいスクールバッグを部屋の隅に置くと、後を追うようにして彼女も衣服を脱ぎ始める。

まずショーツを脱ぎ、そしてセーラー服とジュニアブラを脱ぎ捨て上半身だけ裸になる高校1年の少女。胸元には大きく成長した、まだ硬さを感じさせる形の良いバストが目立つ。彼に散々吸われているが、乳首はピンク色に近い肌色だ。

スカートを残したのは、彼のリクエストだ。彼は上半身裸でスカートを履いた彼女の姿をえらく気に入っている。自宅でのセックスはほぼ、この格好だ。スカートがシワになるし、精液や自身の愛液で汚れるため彼女自身は本当は嫌なのだが、彼が喜んでいるので仕方なく従っているようだ。

ベッドでのセックスは騎乗位が多い。彼は仕事で疲れているからと、少女は彼の上でEカップのバストを揺らしながら自ら腰を振る。部屋には「くちゅ くちゅ」という少女の膣から発せられる水音と、「あっ……、んん、あっ……奥に…当たるょ。んんっ」という少女の嬌声が響く。

「イキそう 抜いて」と彼が言うと、彼女は慌てて腰を上げてヴァギナの奥まで挿入されていたペニスを引き抜く。と同時に、彼のペニスからは大量の白濁液がドクッドクッと溢れ出て、彼の下腹部へ垂れた。

彼女は彼の下半身へと移動すると促されることなく自ら、彼の下腹部に落ちた白濁液を舌で舐め取り、そして「ゴク、 ゴク」と音を立てながら食道へと流し込む。最初は彼の指示でやっていたが、今は指示されずともこうした「おもてなし」が出来るようになったようだ。

情事を終えた頃には時刻は17時を回っている。そのまま全裸で2人で布団にくるまり、その日あった出来事や他愛のない話を1時間ほど続けた後、彼女は自宅へと帰っていく。

関連記事:【処女喪失】JC・JKの初体験の描写がリアルなおすすめAV作品4選

私服・下着

夏休み、学校が無い少女は私服姿で朝から彼とのデートにのぞむ。行き先はラブホテルだ。

繁華街を手をつないで歩く少女が着る薄手のTシャツには、Eカップのバストの形がくっきりと浮かぶ。同級生の男子が見たら、それだけで勃起がおさまらくなるような光景だ。

ホテルにチェックインすると、彼らは他の多くのカップルと同じように衣服を脱ぎ捨て全裸になる。無駄な肉が付いていない少女らしい体が、ラブホテルの薄暗い照明に照らされている様はあまりにも性的だ。そのまま2人は大きなベッドで抱き合い、激しくキスをする。

舌と舌とを絡めあわせながら、彼の手が少女の形の良いEカップの乳房をわしづかみにする。少女はお返しにと、自身の手を彼の勃起したペニスに運び、そしてゆっくりと上下に動かし始める。重ね合わせた唇の間から「んんっ……んっ....」と吐息が次第に漏れる。

彼の手がバストを離れ、少女の下半身へと向かう。縦筋を指でなぞると、彼の指先は大量の愛液で濡れる。その濡れた指でクリトリスをゆっくりと愛撫すると、少女はディープキスと手コキを断続的に中断しながら「んん、あっ….んっ」と先ほどよりも大きく喘ぐ。最初の頃はクリトリスへの愛撫でくすぐったさを感じていたが、回数を重ねるごとに快楽が大きくなったようだ。

「いれるよ」彼はそうつぶやくと、少女の脚と脚の間に身を移す。そして少女の脚を少し開くと、自身のペニスを少女の女性器に押し付け、一気に奥まで挿入する。まだ毛の薄い女性器にペニスが乗り込まれていくと、少女は「んんっ!!!あぁっ!!!」と大きな嬌声をあげる。ラブホテルでは遠慮なく喘ぐようだ。

彼が少女を突き上げると、Eカップのバストは大きく前後に揺れる。仰向けになってもバストが横に流れないのは、この年代の少女のバストの特徴だ。膣内に鬼頭の先端だけ残しペニスを引き抜くと、次の瞬間には膣奥まで一気に挿入するゆっくりとしたピストンを繰り返すと「あんっ!ぁあっ!ぁあっ!だめっ!!」とより一層大きな声をあげる高校1年の少女。

しだいに絶頂へと近づいていく。「ああんっ!ああんっ!ヤバイッ…ああんっ!ああんっ!イキそう…ぁああっ!!いくっ!!いくっ!!」彼女はこの日一番大きな喘ぎ声を叫びながら絶頂に達すると、ペニスが挿入された膣をきゅっきゅっと締める。彼のペニスにより一層強い刺激が加わる。彼は慌ててペニスを引き抜くと、彼女の美しいバストに達するほどの射精をして果てた。

彼らは風呂に入り、ルームサービスで昼食を取った後、午後には再びセックスをする。

関連記事:少女がジュニアブラを着けたままセックスする抜けるAV作品5選

体操着・下着

10歳年上のバイト先社員と付き合っていることに負い目を感じている彼女は、学校では彼氏がいないことにしている。そのせいか男子から告白を受けてしまうこともあった。

制服姿では着痩せしてそれほど巨乳には見えない彼女だが、体操着を着るとほかの同級生より明らかに大きな膨らみが目立つ。クラスの男子の間でも、隠れ巨乳として噂が広まっているようだ。

可愛らしい顔立ちの彼女は、周囲からはまだ男性経験が無いと思われているが、実際には10歳年上のバイト社員と週1回以上のセックスを繰り返し、彼氏のペニスで絶頂を迎えることもあるということを、クラスメイトは誰一人として知らない。

本来は学校で使用する体操着だが、彼氏の家で着用し、セックスをしたことも何度かあるようだ。クラスメイトたちが見慣れた彼女の体操着姿は、既に清純なものではなくなっている。

関連記事:ジュニアブラを着けたJKで抜けるおすすめAV作品7選

-ジュニアブラ妄想レビュー
-,

Copyright© ジュニアブラが好き。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.