広告

コラム

生理が始まっている女子中学生の割合は?学年別データ

投稿日:

女子中学生で生理が始まっている割合はどれくらいなのか、データをもとに解説します。

学年別 生理開始済み率

とあるアプリのユーザー4000人を対象に行われた調査結果です。

小4で生理が始まっているのは7.6%と、1クラス15人の女子のうち1人という割合です。小5で一気に上昇が始まり、小6では過半数の女子が既に生理開始済みとなります。

中2で開始済み率は96%に、中3でほぼ100%になります。

ちなみに、初潮の「平均」は12.3歳となります。

バストの成長は初潮の1年前から始まるのが平均的と言われています。なので小4・5あたりから乳首のあたりがぷっくりと盛り上がり始め、バストの成長が始まる少女が多いです。

関連記事:女子中学生JCのバストの平均サイズを大調査! | おっぱいの大きさ

生理が始まった学年の分布

生理が始まった年齢としては小5・6がピークです。

生理が始まる頃には、バストの成長が始まってから既に約1年が経過しています。初潮を迎える頃には「おっぱい」としてしっかりと膨らんだ乳房をぶら下げている少女も少なくありません。妊娠できるカラダに近づきつつある少女たちはメスとしての性的魅力を着実に高めています。

-コラム
-,

Copyright© ジュニアブラが好き。 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.